BLOG

30年ほど前の今日、私は一つの命を産みました。

30年もたてばもうすっかりあの頃の記憶など無くなるものだと思ってましたが、死ぬまでこの記憶は消えないのでしょうね。

普通の親子関係ではいられなかったので、もうすっかり大人になった息子に今さら何も言うことはできませんが、いつか息子が親になり同じ立場になったとき少しだけ理解できることを願っています。

伝えられない真実を分かり合えることができたなら、それが私の「いのちの理由」なのでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。