BLOG

昔、悩みがあって神社に依存して毎日通っていた時のお話。
当時の私は引っ越したばかりだったので、土地勘がなく神社がどこにあるのかさえ知らずにいた。

ある日、たまたま散歩途中で神社を発見!
家から意外に近かったので、私はそこへよく行くようになっていた。
何を祀っているかも知らず、暇さえあれば神社へと向かう。
最初は午前中に行くようにしていたのだが、気づくと午後になり、だんだんと時間が遅くなっていった。

あるとき、なぜかはわからないが夜中の2時に行ってみることにした。
すると、なんとなく落ち着いたような気がして、それからは毎日夜中の2時に行くようになる。

本来なら気持ちが悪いはずなのだが、なぜか夜中に出かけることは楽しく思えた。
今、思えば、夜中に人通りのない神社でお参りはかなり危険だ!

当時の私はすでに何かに取り憑かれていたのかもしれない。
そんな毎日を過ごしていたある日のこと、いつものようにお参りをしていると目の前に一匹の犬が横切る。
—— こんな夜中にめずらしい。ここ、たくさん階段があるのに犬が来るなんて……。
そんなことを考えていると、また犬が私の前を横切った。
—— なんか変だな?
その犬をよく見ると……、キツネだった。
しかも、霊体ではなく本物のキツネだったのだ!
驚きのあまり急いで逃げ帰る。
それからは怖くてお参りには行くことがなくなった。

やはり、お稲荷さんを祀っているところにはキツネがいるのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。