BLOG

昔から何度も入院や手術で何度か保険金をもらったことがある。
その時に学んだ保険のお話。

〈だまされた保険〉
もともと、若い頃からかけていた保険があった。
その保険だけでいいのかと急に思い立ち、近くにできた保険ショップに相談した。
すると、この保険はあまり良くないと言われ、すぐに変えるように勧められた。
私はその言葉を信じ、すぐに掛け変える。
手続きを待っているあいだのほんの1か月だったのだが、その掛け変え中に病気になった。
しかも入院手術の病気になったのだ。どうにかギリギリで手続きは間に合ったものの、すぐの病気で疑われ審査が降りずもめる。しかも、やっと出た金額は微々たるものだった。
もしも、前の保険を辞めずにいたら、もらった金額の4倍は出ただろう。
そう思うとなんだかだまされた気分になった。しかも、同じ病気ではもう支払われることはないので、私はその保険を辞めた。保険は保険屋の言いなりではなく、ちゃんと確かめなければならないと後悔した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。