BLOG

以前、同じ職場の男性に自慢話をされた。
「俺、すごいキレイな彼女がいるんだぜ!」
自慢で鼻をふくらませて話す男性に、私は興味津々で聞いてみた。
「どんな彼女なの?」
「年下でめっちゃキレイなんだよ~。ススキノで働いてるんだ」
「ススキノで? どんな仕事してるの?」
「え? クラブだよ。クラブのホステス!」
「そうなんだ……」
—— それって本当につきあってるのだろうか?
「どんなデートしてるの?」
「毎日、車で送り迎えしてる」
「え? デートは?」
「車でドライブだよ。ドライブ!」
「でも、仕事の送り迎えでしょう」
「そうだよ。車の中でいろいろ話してる」
—— それって、足として使われてるんじゃないの?
言いたかったがグッとこらえた。
「しかも俺、彼女のマンションのローン払ってやってるんだぜ!」
「え? マンション買ってあげたの?」
「そうだよ」
—— なら、つきあってるのか……。
「じゃあ、一緒に住んでるんだね」
「え? 住んでいないよ」
「住んでいないのにマンション買ってあげたの?」
「そう、彼女の家族が住んでるからマンションに行ったことはないけどね」
「えー! 支払いだけして行ったことないの?」
「もちろん、彼女の家族とは会ったことはないよ」
「それって、本当につきあってるの?」
私はついに聞いてしまった。するとその男性は笑いながら言った。
「もちろん、つきあってるよ!」
「じゃ結婚するんだね」
「いや、だって、手もつないだことないのにまだわからないよ」
「……」
私は何も言えなかった。
完全にだまされていることに気づいていないようだ。
それとなく、伝えたのだがまったく私の話を聞いてはくれない。
気の毒だが本人が気づくまで周りが何を言っても聞かないだろう。

もしかすると、一緒に住んでる家族って旦那様と子供だったりして……。こわっ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。