BLOG

数日前に「マウスピースと鎮痛剤」でも書いたが、あの後、歯医者で前歯の治療が始まった。

思った以上に大変で激痛で苦しんでいる。
どれくらいの痛みかというと、グーのパンチで顔を殴られて前歯が折れたような感じだ。
前歯だけの痛みではなく、すでに鼻の下から目の下まで痛みが走る。
医師は、
「治療のため歯の中にお薬を入れました。数日痛みますので鎮痛剤と化膿止めを飲んでください。歯の中の傷口に薬を塗るのですが……、たとえるなら、ケガで傷口がバックリ裂けてているところにマキロンのような消毒液をつける感じですのでかなり痛みます」
と、さらりと言い残し次の患者のところへ行ってしまった。

口を開けっぱなしの私はもちろん何も言えずにいたのだが、治療を終えて帰るときに改めて事の重大さを知る。
受付で薬を渡された。
よく考えてみると歯医者では初めて薬を出されたことに気づく。
淡々と化膿止めと鎮痛剤を渡された。
その時点ですでに少し痛みが出ていたので支払いを済ませ、そそくさと帰った。

家に着くなり激痛が走る。前歯が心臓の音と共にドクンドクンと痛み出す。
ドアに手が挟まったときに起きる感覚が前歯に起きたようだ!
薬を飲むために食事をしようとしたのだが痛すぎで食べられない。
しかたなく、おかゆをすすり、どうにか化膿止めを飲んだ。
そして、痛み止めを飲もうとしたのだが、私はアレルギーのため飲める鎮痛剤が限られていることを思い出した。処方された痛み止めはかなり強い薬のボルタレンだった。
飲むのは怖いので、いつもの軽い痛み止めでもいいかを確認するため、電話で医師に聞いてみた。
「軽いのでかまいませんが、たぶんソフトな鎮痛剤では耐えられないと思います。その時は2錠飲むボルタレンを1錠試してください」
医師は私がかなり痛むことを想定して答えてくれた。

案の定、ソフトな鎮痛剤はまったく効かず、転げ回るほど痛みだす。
痛みに耐えられず、ボルタレンを恐るおそる1錠飲むと、心臓が少し苦しくなったものの、痛みよりはまだマシだったので痛みが治まるのを待った。
おかゆと鎮痛剤、化膿止め、お腹は空くのでときどき野菜ジュースを飲み、ここ数日過ごしている。
まだ、痛みは治まらない。

それでも、昨日よりは少しだけよくなったので、こうして現状を書いているのだが、昨日は本当に死んでいた(笑)
早くよくなっておいしいものが食べたいよぉ~。
お腹空いた(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • kuu
    • 2020年 2月 01日

    歯が痛いことほど辛い事ってないですよね。私は奥歯ですがよく似た症状が出て非常に苦しんだ経験があります。
    CTを撮って検査してもらいましたが、あまりにも酷く手の施しようがなかったため結局抜くはめになりました。
    紗依さんと同じように私も就寝中の食いしばりがひどい為、マウスピースを装着するように言われていますが、本当に煩わしくて寝にくいですね。かかりつけの歯医者さんに相談したところ、エラにボトックス注射をすれば緩和される可能性が高いとのことでしたので、一度受けてみようと思っています。(痛そうですが)
    紗依さんは抜かなくてもよさそうですのでうらやましいです。一刻も早く痛みが引いて回復されますように、お祈り申し上げます。

    • ありがとうございます。今日は痛みが少し和らいできました。