BLOG

かなり前のお話。
たまたま知り合いが居酒屋をオープンさせることとなり、急きょ私が助っ人として駆り出された。

オープン3日前。
初めてお店に行くと店長が愛想よく出てきた。
「急なのにすみませんね。なんせ、人手が足りなくって! とりあえず、オープンまであと3日しかないのでよろしくお願いします!」忙しいのか、早口で話すと店長がスタッフを紹介した。
「この二人、○○さんと△△君です」
「え、スタッフ3人ですか?」
「そう、なんせ人手が足りないんで、じゃ、早速仕事説明するね」
—— 店内は意外と広い。3人で回せるのだろうか?
そんな不安を抱きながら仕事の説明を受ける。

オープン2日前。
ホールの仕事だけかと思っていたのだが、人手が足りないため、ドリンクも作ることになった。
「ソフトドリンク、ビール、日本酒、焼酎、サワー、カクテル……。え、オリジナルもある!」
お酒の種類は意外と多く、覚えるのが大変だった。
どうにか覚えて、ホッと一息入れる間もなく、シミュレーションが始まる。
お客様を迎え入れて席まで誘導、注文を受けオーダーを取り次ぎ、料理ができるまでドリンクを作り持っていく。
—— やれやれ、どうにかできそうだ。
と、思ったとき!
「何してる!会計だよ、会計!」
「え、会計までやるんですか?」
「人がいないんだから当たり前だろ!」
—— 聞いてないよ~。
しぶしぶレジを覚えてやることになった。
—— やっと、これで終わる!
と、思ったとき、また!
「片付けてないよ!」
「テーブルの物はすべて片付けました!」
「皿洗い終わってないよ!」
「えー! 皿まで洗うんですか?」
「当たり前だろ、人いないんだから!」
食洗器があったのだが故障中。仕方なく、皿洗いもすることになった。
—— 明後日にはオープンなのに大丈夫だろうか?

プレオープン!
「おはようございます!」
元気よく出勤すると、店長が元気なく答えた。
「あ、おはよ」
「どうかしました?」
店長は無言のまま仕込みをする。
「みなさん、遅いですね……」
「……」
「もう来ますかね?」
「来ないよ……」
「え? 来ない?」
「昨日、二人とも辞めたから来ないよ」
「えー! じゃ、どうするんですか!」
「二人でやるしかないな……」
—— え――! ムリムリ、無理!
「で、できませんよ!」
「大丈夫、手伝うから!」
店長に押し切られ、プレオープンとなった。

プレオープンは同業者も多く、この状況を気の毒に思い、お祝いだけでほとんどのかたはそのまま帰っていった。
こうして、どうにかプレオープンを乗り切った。

(続く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。