BLOG

4月29日の出版記念日の深夜3時ころ、眠っていたのに急に胸が苦しくなった!

すぐに起きて、なにごとかと胸をさすりながら、心臓ではなく、
――なにかが来たな。
と感じた。

深呼吸して集中してみたものの、あまりの苦しさで集中できない……。
仕方なく横になりながら、瞑想をすることにした。

すると、生き霊らしきなにかが見えてきた!
さらに集中すると、妨害されるかのように「ゲゲゲ」と吐き気がした。

それを繰り返すこと、約1時間……。
少しずつ、苦しみは治まり、いつの間にか眠りについていた。

早朝6時に目を覚まし、
――あれはなんだったのだろう?

いつもどおり仕事を終え、夕方、聡和(そうわ)と打ち合わせをしていると、また急に胸が苦しくなった。
となりの聡和に聞いてみると、
「なにか取り憑いているよ」
と祓ってくれた。
「でもまた来ると思うよ」
ふたりで正体はなんなのか、集中してみた。

ぼんやりと正体の顔が見えてきた!
「あの同業者だ!」
ふたりで同時に声を上げた。

ただ、他にも同業者じゃない人も何人も見えたので、昨晩は同時に来たから胸が苦しかったようだ。

ただの嫉妬のつもりでも、悪いことはしちゃいけないよね。
だって全部、わかっちゃうんだもん! 見えちゃってますよ!

ゲゲゲと来たら、髪の毛のアンテナ立っちゃうよ(笑)
となりの聡和も子泣き爺になっちゃったりして(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。