BLOG

2010年、いろんなことが起きてこんなことを言われた。
「チャクラバランスを受けてみない?」
これも何かの縁と思い、即行で受ける決意をした。

1日がかりの講習

その頃のわたしはチャクラのことをまったく知らず、初めて受ける講習にワクワクしていた。
7つのチャクラにパワーストーンを載せて、エネルギーを頭から入れバランスを見る、という。

全く分からないまま講習が進む。
2人1組でバランスを見るらしい。
まずはわたしが見る役目で相手のバランスを見た。相手のかたは霊能力者だ。
エネルギーを頭から入れていき、石の動きでバランスを整える。

すると急に様子が変になった。手を差し出したら手がピリピリしてきたのだ!

「うああーー。な、何このエネルギー!」
相手のかたが叫ぶ。
「えっ! どうしたんですか?」
「ターコイズブルーの癒しのエネルギーが来た!」
驚きのあまり、大声で話す相手。

先生が慌ててやって来て解説をする。
そのエネルギーはわたしのものらしく、手を差し出したときに出たものらしい。
—— これは、いったい何なの?
なんだか納得いかないまま今度は交代となり、わたしのバランスを見てもらうことになった。
横になり 7つのチャクラにパワーストーンを載せてエネルギーを頭から入れられる。

するとキーンと耳鳴りがしてきた!
次の瞬間!
白い大きな玉が頭の上からズドーンと入ってきてへそまで下りた。
驚いていると、今度はピカーッと、稲妻が走った。

それでもパワーストーンが落ちると続けられなくなるので必死でこらえていた。

集中すると、次に見えてきたものは大仏だった。
どんどん近く大きくなり消えた。

—— なんなのこれは?
起きたことを先生に報告すると、先生は言った。
「あなた、このチャクラバランスを受けなくてももう十分にお目覚めしてるようです」
—— えー、そうなの? 知らなかった!

しかも、後から聞いたのだが、この研修は先生になるための研修だったらしい。

1日研修なのに、すごい金額払ったのに、もう、すでにお目覚めしていた(笑)
なんだか、とても残念な気もした。

ここのチャクラバランスを受ける前もあるエネルギーワークを紹介されて「お試し」ってのをやったのだが、その時も同じように白い玉が見えて、途中で止められちゃったんだけれど、その後何か分からないヒーリングをされたら急に調子が悪くなった。

それからのわたしはヒーリング恐怖症になりましたとさ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。