BLOG

ドラマ『偽装不倫』を見ていて思ったこと。
ここからはネタバレがあるので、まだご覧になっていないかたはご注意。

主人公が未婚なのに既婚と嘘をついてしまったのに、進展してしまった彼と付き合うのだが、彼は病気で自分が死んでも交際相手が悲しまないようにと、すでに愛する夫がいる女性との不倫を選んでいた。
いつしかお互い好きなのに、彼は病気のことを打ち明けず、彼女に別れを告げる。
正直、お互い空気読みすぎだ(笑) 相手のことを思い過ぎて考えすぎてる。
相手が傷つかないようにと自分のキャパの中で考えすぎて「言わない」「言えない」を繰り返す。
もしも私が彼の立場なら、彼の気持ちは痛いほどわかるし、たぶん私も同じことをするかもしれない。
でも、彼女の立場になると知りたかったと思う。
知ってどうなるかはわからないけれど、でも好きな人のことは全部知りたい。いっしょにそれを乗り越えたいと思う。傷つかないようにと思いやる気持ちは素敵だけど、私ならフラれるくらいなら死を受け止めたい。
そう思うのは私が死に対して特別だと思わないからかもしれないけれど(笑)
いっしょにいたいという気持ちが一生のうちでどれくらいあるのだろう?
今その時を大切にしないと後悔するのではないだろうか?
主人公の彼もこのまま別れて死んでしまえば不成仏霊になってしまうと思う。

以上、私的感想なのだった(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。