BLOG

心霊体験を書いているうちに、不動産で体験したことを思い出したので、ここからは不動産シリーズでいきます。

不動産屋といっしょに、あるマンションに行ったときのこと。
見た目はそれほど古くないが、実際にはかなり古い物件だった。
中に入ると、これでもかというほど、きれいにリノベーションされ、内装は新築同然だった。
「この物件、かなり安くしているのに、まったく決まらないんですよ。決まりそうになっても、土壇場でキャンセルになるんですよね」
4LDKの真っ白な部屋。1部屋からは畳の新しい香りがする。チャンネルを霊に合わせると……、畳の部屋で寛ぐ(くつろぐ)男性が、不思議そうにこちらを見ている。前の住人らしい。自分が死んだことにまったく気づいていないようだ。
「ここに男性がいるんですが、死んだこと気づいていませんね」
「えっ? どこ? 見えないけど……」
不動産屋は必死で探している。
「ということは、その男性がここにいるので、売れないってことですかね?」
「そうですね」
「でも、見えないからわからないよね。なのに売れないの?」
私はその男性の霊がここから出ていきたくないので、売れそうになると妨害していることを教えた。
「へ~」
不動産屋は半信半疑のようだ。
結局、お祓いの依頼はなく、この話は終わった。
その後、この物件は原価割れするほど安くしていると聞いたが、今も売れていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。