BLOG

先日、急に思い立ち行きたかったお店へ聡和と出かけた。
しかし、目的のお店はお休みで……。
仕方なく近くのお店を検索して向かうもののこれまたお休み……。
—— お腹空いてるのについてない。でもこれはもしや、もっといいお店かあるのかも?
と、超ポジティブに足が向かう方向へと進む。
すると、ショッピングセンターに着いた!

疲れたのでちょっと休憩ということで、シュークリームを食べることにした。

このシュークリームは、旭川本店の有名な菓子店「梅屋」の「しゅうくりぃむ」。
とりあえずこれを食べながら、ひと休みする。するとその時、ピカッとひらめいた!
「あの、この辺でお薦めの食事できるところ知りませんか?」
その「梅屋」の店員に聞いてみたのだ。
「あ、どんなものが食べたいかわかりませんけど、近くの遠藤水産はおいしいですよ」
「居酒屋さんですか? お酒飲まないので……」
「お酒飲まなくてもいいみたいですよ」と、教えてくれた。

食べ物関連の店ではあまりお薦めのお店は聞くことはない。
なぜなら、とっても失礼に当たるからだ。
でもお菓子屋なら食事と違うので大丈夫だろうと聞いてみたのだった。

普段、知らない土地などに行ったときは、洋服屋のスタッフに聞いてみることが多い。
まったく違うジャンルなので失礼がない。
しかし、少しフレンドリーになってからじゃないと嫌な顔をされることもある。
その辺は見極めが必要かもしれない。

よく、一般的に聞く話では、タクシードライバーに聞くと言われるが、意外とタクシードライバーはお店との絡みも多いので、いつもおいしいとは限らない。

そういえば!
以前、私がひとり旅行に出かけた時、おいしいラーメンが食べたかったので本屋へと向かった。
しかし、本で調べることもなく、店員に聞くでもなく……。
立ち読みをしている男子学生に声をかけた。
「地元の高校生? おいしいラーメン屋さん知ってる?」
「僕ですか? はい、おいしいラーメンは……」
答えてくれたのだが、ちょっと自信がないようだった。そこで!
「時間ある? ご馳走するから一緒に食べに行かない?」
するとどうしてか、言っていたお店とは違うお店に連れていってくれたのだ。
さすがに、自分も食べると思うと、地元人しかわからないようなおいしいお店を紹介してくれた。
「ご馳走様でした」
と丁寧にお礼を言われ、その場限りでお別れした。
本当においしいお店はあまり教えてくれないということもわかった。

あなたは、おいしいお店をリサーチするとき、どうしてる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。