BLOG

数年前に不思議な夢を見たことを思い出した。

札幌のとある場所、なぜか私は何かに見つからないよう逃げていた。
街には人がほとんどおらず、ほんの少しの人がどこへ向かって逃げ回っていた。
空から光のようなものを発する物体。
まるでUFOのような物が、逃げ回る人々を探している。
その光に当たると人は動かなくなり死んでいくようだった。

私はその中を必死で逃げ回る。
空き家に入っては身を守りながら逃げ回る。空き家には人影はまったくいない。
閑散とした家の中は生活感がなくなっていた。
ここまで来るのに数名の人と出会ったが、ほかの人たちはどこへ行ってしまったのかはわからない。

不安の中で私は逃げ回りながらどこかへと向かっていた。

こんな不思議な夢を数年前に見ていた。
しかし、どんな意味なのか分からず、変な夢としてスルーしたのだ。

今さらながら、こんな夢を思い出してゾッとした。
札幌のとある場所とは、今まさに院内感染のターゲットになった場所に近い。
誰もいないところを逃げ回り家に避難するのは、まさしく今の状況に近い。
これって、予知夢だったのだろうか?
もしそうなら、この後どうなったのかを見たかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。