BLOG

6年前、保険の見直しのため、ある店に立ち寄った。その店は前から気になりつつ、なかなか入れずにいた。
この日はなぜか引き寄せられるように入る。店内には男女2名が座っていた。
「いらっしゃいませ!」
ハモった声で迎え入れられ、ちょっと引いた。
—— この男女は夫婦かな?どちらの前の席に座ればいいのだろ?
ちょっと迷いながら、女性のほうに座った。男女はそれぞれ名刺を差し出してきた。
―― 夫婦ではないんだ……。
と、どうでもいいことを考えた。
「保険の見直しですか?」
「はい……」
淡々と保険の話をする女性。その時、なんとなく感じた。
―― この人、スピリチュアル信じる人だ! いや私、今なんでそんなこと考えてるんだ?
「あの、どうかされました?」
「あ、いえ、なんでもないです」
「では、ここですがお仕事内容をお書きください」
「え? あ、ええ……」
—— どう書こうか……。
「聞いてます? なんのお仕事をされてるんですか?」
―― どうしよう。
「しゅ、主婦みたいな……?」とっさに答えたが、みたいなってなんだ?(笑)
すごく笑われて、その場が和んだときに本当のことを言ってしまった。
「スピリチュアルです!」私はドキドキしていた。
「今度、飲みに行きましょう」と意外な言葉をかけられる。
契約の手続きで待っているときに周りを見渡すと、占いやスピリチュアルの本がたくさんある。
「占い好きなんですか?」
「はい、好きです」とすぐに返答する女性。
それを聞いていた男性は不安そうな顔をした。「僕は幽霊とか苦手なんです」
「実は、おじが祈祷師なんです」と、女性が暴露した。
―― やっぱ、そうですか。そっちのほうでしたか。って、どっちのほう?
と、自分で自分に突っ込みをいれる。
しかも、彼女は私と縁があるのか、私のスピリチュアル体験した不思議な場所にも行っていたのだ。
驚き~(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。