BLOG

聡和(そうわ)は20歳(はたち)前後のころ、故郷では有名なタロット占い師だったらしい。

霊感占い師になってからもそうだけど、当時も律義に占い結果を全部保管していたとか。
「だって、保管しておかないと、当たったかどうかわからないじゃん」だって。

故郷の歓楽街にあった普通の喫茶店に常駐していたそうで、その街ではいちばんの中心部!
歓楽街の喫茶店ということは、深夜まで営業ということで、ほぼ占い喫茶に。

「魔法使いが着る黒いローブ着てたよ(笑)」
「ローブってなに?」
「あれさ、マントに袖(そで)ついたようなヤツで、フードついてるの」
「こういうの?」

「ちがうんだな~。

こういう感じのだよ」
「怖いわ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。