BLOG

写真のように耐熱ガラスのボウルが急に割れた。
粉々に割れたのではなく、ひびが入ったのだが、もう使えない。

思えば、このボウル、わたしは初めて嫁に行った時に買ったものだ。
正直、料理なんてほとんどできない20歳のころ、普通のボウルでもいいのに見栄を張って買ったような気がする(笑)
それから何年も引越しを繰り返し、ずっと一緒に移動してきた。
何げなく使っていたのだが、いざもう使えないと思うとなんだか寂しいね。

こうして、いろんなものが壊れながら、失いながら消えていくのかもしれない。
そして、最後はわたしも消えていくのだろう。

当たり前が当たり前でなくなるとき、初めて大切さを知るのでしょうね。
寂しいけどしかたがない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。