BLOG

6年前の8月、雷が鳴ったり、豪雨だったりと変な天気が続いていた。
その日は用事があってどうしても出かけなければならず、用意をしていると大きな雷が落ちてきた。
―― なんか嫌な感じ~。大雨になりそう……。
慌てて傘を持ち出かけ、エレベータへと乗りこむ。
ピカッ! ゴロゴロ~ドーン!
という音と共に、一瞬エレベーターの電気が消えた!
「うげぇ~! 近くに落ちたか?」
エレベーターの電気はそれほど怖くなかったが、閉じ込められるのは嫌だった。
幸いエレベーターは停止することなく1階まで下りた。
1階にいるはずの管理人が雷の音に驚き外に出ていた。「すごい雷でしたね」
「そうですね」と答えたものの、簡単な会釈をして雨が降ってくる前に急いで出かけた。

今にも降り出しそうな雨の機嫌をうかがいながら、昼時だったのでなにを食べようか考える。
―― なにを食べよう。ケンタッキーでもいいか……。真っ直ぐ向かえばすぐだし。
そう決め、真っ直ぐケンタッキーへと向かう。
すると〈ここの信号渡って!〉と、インスピレーションが下りてきた!
—— え、ここ渡るの?
一瞬、驚きのあまり足が止まる。信号を渡るとケンタッキーにはたどり着かない。
疑いながらも、インスピレーションに従う。
―― 本当にこっちでいいのだろうか?
するとまた〈こっち、こっち〉とインスピレーションがくる。
言われるがまま従うとショッピングセンターに着いた。
店に入ったとき。
ピカッ! ゴロゴロ~ドーン!
という音と共にすごい雨が降ってきた。
―― うわっ、間一髪! 雨から逃れられ、しかもここからは地下鉄直結だから雨にも濡れない。
そう思いながら、地下へと向かう。
〈おい! そっちじゃない!〉またまた、インスピレーションがきた!
慌てて、下りずに上へと向かう。3階に到着すると〈ここ!〉というインスピレーション!
案内された場所は小さなカフェ。
―― ここ入るの?
これまた半信半疑で入る。
「いらっしゃいませ、お好きな席どうぞ!」
〈こっち、こっち〉とインスピレーション案内は続く。
窓際の席に座り、窓の外を見ると恐ろしいほど雷と雨が降っている。
「すごい雨ですね。雨に濡れませんでした?」注文を取りに来た人に話しかけられた。
「はい」と短い答えをしたものの、心の中では思った。
―― インスピレーションのお陰でぜんぜん濡れませんでした。マジ、ラッキー!
注文を済ませ、なんとなく窓の外を見ていた。
ピカッ、ゴロゴロ~ドーン!
向かい側の店の旗のポールに雷が落ちた! あっという間に3本のポールが道路へと飛ばされた!
―― うわっ! 危ない!
幸い、車はよけたので事故にはならなかったが、よくよく考えてみる……。
―― あのまま直進していたら、被害に遭っていたかも?
そう思った途端、急に、ぞぞぞと、悪寒が走った。

ちなみに、このやりとり、すごく長く感じるかもしれませんが、まさに0.01秒のやり取りだったので、周りには私がまったく迷っているようには見えていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。