BLOG

書籍『笑える~こわい話』にも登場する、隣に住んでいた幼なじみのお話。

ゆりちゃんの家へ遊びに行くと、突然「いらっしゃいませ~」と言われた。
はりきって、出てきたのはゆりちゃんの姉だった。
「こちらです!」と腕をつかまれ部屋に連れていかれた。

—— ん? なに? なんだ?

部屋には小さなイスが用意されていて、そこに座らされた。
隣には、同じようにゆりちゃんが座っている。

「なに、やるの?」と、ゆりちゃんに聞いた。
「知らなぁ~い」と、困り顔で答えられる。

2人並ばされて首に風呂敷をかけられた。

—— なに? なに?

「じゃ、はじめまぁ~す」
突然、ゆりちゃんの頭にマヨネーズをかけた!

—— ゲッ! まさかのシャンプー?

次の瞬間、わたしの頭に味の素がかけられた!

—— ゲェ~! なんでわたしは味の素なの?

それからは、次々とソース、ケチャップと味付けをされ、2人ともデロデロになった。

そこへ、ゆりちゃんママが帰って来た。

「あんたたち、なにやってるの! 」と、激怒!
しこたま怒られたという、おいしいお話(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。