BLOG

夏なので、めちゃくちゃ怖い話をひとつ。
苦手な方は絶対スルー!

私の家の割と近くに、冬はスキー場になる山がある。夏には、ほとんど人が近づかない。
暗くて、ちょっと嫌な感じがするところなのだが、車でデートをするにはスリルがあって、若い男女は一度は行く感じ。

これは聞いた話なのだが、街でナンパした女性を車でここに連れてきて、拒んだら強引にされて、この山に捨てていくという噂があった。
頂上まではかなりの距離があるから、夜中に置いていかれたらと思うと恐ろしい。
そんな噂の山に、20代の私は当時の夫とドライブに行った。

車で暗い山道を走っていると、橋のような柵があった。
車をゆっくり進めて……、
「あっ! あああ~っ!」
キキーーーッ!
急ブレーキで車が止まる。
「な、なんだよぉ~!」
「あそこ、セーラー服の女の子、立ってる……」
「えっ? どこ?」
「あそこ! 見えない?」
「見えね~よ!」
「あっ! あああ~っ!」
「なんだよ~!」
「飛び降りた……」
しばし、沈黙……。
これは、完全に幽霊とわかったので、見なかったことにして、急いで頂上へ向かった。
頂上に着いて、しばらく夜景を見ていると……、
「ぐわぁ~! ぐわぁ~!」
――ん? なにぃ~、寝てるじゃん! なんだこいつ……。
夫がイビキをかいて眠っていたのだ。
ふと、フロントガラスのほうを見ると……、
――ぎゃあああ~! さっきのセーラー服の子が立ってる……。どうしよう……。
慌てて夫を起こして伝えると、
「なに言ってるんだよ……」
と言ってまた眠ってしまった。
その子……、私のほうを見て、とても悲しい顔をしている。
感覚的に、
――あの噂は本当かもしれない。きっとそれを私に知らせようとしてるんだ。
と思ったら、消えた……。
――あわわわ~、こわっ……。
このタイミングで夫が目を覚ました。
「帰るぞ! 眠たいわ!」
――あんた、ずっと寝てたじゃん!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。