BLOG

2021年2月7日の朝、夢を見た。

だれもいない部屋にいた。
壁に大きな時計だけがあるだけで、ほかには何もない。
大きな時計はなぜかとても汚れており、まったく時刻が読み取れない。
しかたなくわたしはその時計を洗浄することにした。
きれいになった時計は時刻が分かるようになったのだが、なぜか動いていなかった。
10時23分……。
時計の針がそこで止まっていたのだ。
—— 不思議……。なぜこの時間?

ここで目が覚めた。

意味不明な夢を見て、呆然としながら起きた。

——今、何時だろう?
おもむろに時計を見る。10時過ぎてる!
—— なに? もうこんな時間? 寝坊しちゃった!

慌てて起きて、再度、時計を見る。
スマホでも時間を確認すると、まだ朝の7時だった。
昨夜から時計が止まったままになっていたようだ。

「あっ! 10時23分だ!」
夢と同じ時刻に時計が止まってることに気がつき驚いた!
写真はリアルに止まった時計を写真に撮ったのだが、夢と同じ時刻とは……。

いったい、どういうことだろう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。