BLOG

2018年1月16日、また不思議な夢を見た。(忘れないうちに書いておく)

料亭みたい……。
私は従業員試験を受けるため、ここに来たようだ。
「自分が思ったような服装で来てください」という通達に、普段着の人から着物姿やスーツ、または羽織袴という人もいた。
私は見た目カチッとして動きやすい服装にしていた。
試験会場では数名の試験官がおり、周りを警備しているかのようだ。
試験官と思われる男が言った。
「この中を通れる人は通ってきてください」
目の前にはひとり通れるくらいの公園にあるような土管があった。
着物など通れない人は通らずにいたのだが、私はなんとなく通ったほうがいいような気がして通った。
「合格!!!」
通った瞬間に、その土管を通った人だけ合格となったのだ。

合格した人たちは次の試験を受けるために待っていると、目の前におにぎりなどたくさんの食べ物がいっぱい並べられた。
「食べたい人は遠慮なく食べてください!」
試験官はそう言って、去っていった。
しばらくはだれも手を出さなかったのだが、ひとりが食べ始めるとほかの人もそれに続いた。
私は迷いながらも、次の試験が気になり食べることができなかった。
食べずに周りを見渡していると知り合いAを偶然見つけた。
声をかけようか迷ったが必死で食べているのでやめた。
しばらくすると、試験官が戻ってきた。
「みなさん、聞いてください!! ここで食べ物を食べた人は不合格です! お帰りください」
一斉に周りがざわつく!
「チキショー! 腹立つ! 食ってやる!!」
知り合いAが試験官に怒鳴りつけ、爆食いしていた。
「食べなかった人は合格!!!」

次の試験のため、待合室のような大広間へ案内された。
大広間は畳でイスが置かれている。
ずっと遠くには殿が現れそうなふすまが見えた。閉じられている。
イスに座っているとまた、試験官がやってきて言った。
「次までしばらくお待ちください」
私はこのままそこで待機する。周りは私以外3人くらいしかいない。
数名なのに顔も服装も覚えていない。
他人と競い合うというよりも自分との戦いという感じだった。
待たされながら、私は試験官に質問した。
「これは何の試験ですか?」
「料亭の試験でこれが最終試験。退場は無効です。お待ちください」
私は待ち続けた。
あまりにも待たされるのでまた質問した。
「合格するとどうなりますか?」
「合格した人しか教えられない」
試験官がそう答えた瞬間に、目を覚ました。

聡和にこの不思議な夢の話をすると、どんな意味があるのかいっしょに考えてくれた。
なぜ試験の途中で目を覚ましたのか、そこに意味があることがわかった。
私は試験に夢の中では時間切れになったのだ。
そして、聡和はどうしたら合格するかも教えてくれた。

目を覚ましてから理解することでも、意義のある夢だったようだ。
なぜかって?
だって、不合格の場面はまだ見ていないもの。
途中で目を覚ますことさえも、夢のメッセージとして含まれているのだからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

    • m.aki-44
    • 2018年 2月 04日

    凄いですね Nさん!
    合格方法が、判るとは

  1. この記事へのトラックバックはありません。