BLOG

占い師をしていた頃のお話をもう一つ。
口コミでしかやっていなかったので、鑑定は喫茶店やファミレスなどを利用していた。

その日、紹介で依頼が入った。
依頼者の彼女はなぜか、家から出られないという理由でお宅へ出張鑑定を希望し、わたしは訪れた。

彼女はわたしと同年代で、独身一人暮らしのようだった。
家に入るとアンティークな人形や古い家具がたくさんあった。
ちょっと失礼だが、家の中は暗い感じで気味が悪かった。

異様な雰囲気の中で鑑定が始まる。
鑑定中、妙な気配を感じる。
だれかが話しかけている気がした。
—— だれだろ? わたしたちしかいないし不気味。

無視しながら鑑定していると、彼女がトイレに行くため席を外した。
しばしの休憩。
すると、また妙な話が聞こえる。よく耳を澄ますと人形が話していることに気づく。
何を話しているか再び耳をすます。
〈わたしがいた場所に行って!〉
「えっ? なんで?」
と聞き返しても、それ以上は何も言わなかった。

彼女がトイレから戻り聞いてみる。
「あの、このお人形どこで買ったの?」
「興味あります? じゃこれから行きましょうか?」
「えっ? 今ですか?」
彼女はうれしそうにそそくさと行く用意をし始める。
—— 彼女、家から出られなかったのでは?
腑に落ちない気分だったが、彼女の車に乗ってお店へ向かう。

お店に到着すると、アンティークな古い物がたくさん並んだ骨董品屋だった。
なんだか嫌な予感がした。

中に入るとオーナーが出てきたのだが、あいさつし
ても無言だった。
—— えっ? 聞こえなかった?
「何しに来た!」
といきなりオーナーに怒鳴られる。彼女が慌ててここに来た経緯を説明しだす。
オーナーは怒りが収まらない。そればかりか、飾られた周りの人形も騒ぎだした。

—— なに、なに? ここに来てって言われたから来たのにどういうこと?

結局、オーナーとは話がかみあわず退散した。

帰りに彼女が申し訳なさそうにわたしをカフェに誘った。
「お茶でもしながらお話できますか?」
「まあ、はい」

お茶をしながらオーナーの話を聞いた。
彼女はオーナーに利用されているらしく、いらない物を売りつけられるらしい。
今後オーナーとどうかかわったらいいかを相談された。
—— ああ~なるほど、それで人形が行けと言ったのね。

オーナーと彼女と今後の対策を話し、その日は送ってもらって帰った。

数日後、彼女から電話が来た。
内容はもちろんオーナーの件だった。
「かかわらないようにしたけれど……」
ああじゃないこうじゃないと相談を受ける。
1時間近く話をしたのだが、わたしは用事があるので電話を切った。

その日の夜、また電話が来た。
またまた同じ話の繰り返し。鑑定ではないのでさすがにわたしは困って今度はすぐに切った。

次の日、朝早くから電話が来た。
しかたなく出るとまた同じ話をされた。さすがにこれはちゃんと話さないといけないと思い伝えた。
「わたしも仕事があるので自分で考えてみてください」
「わかりました……」と電話を切った。
ホッとしたのもつかの間、すぐに電話がかかってきた。
「やっぱり、自分では考えられません」
「そう言われても、困ります」

その日から毎日毎日連絡が来た。多い時では20回以上の日もあった。
さすがに困ったので着信拒否にしたら今度はメールがきて、長い文章が1日に何回も届く。

ある日、仕事で家を出た時だった。
だれかに見られている気がした。周りを見渡すと、あの彼女が来ていた。

—— な、なんで? どして? あ、初めてのとき、送ってもらったからか……。
怖くなって自宅へ駆け込んだ!

—— いやぁ~~。怖い!

それから、しばらくマンションの上から窓をのぞくと彼女の車があった。
メール着信拒否になんてしたら、何をされるかわからない。
しかたないから受けて、返信はしてなかった。

メールの内容はオーナーの件から、完全にわたしへの執着と変わった。
ひどい時には「このままじゃ、すまさないぞ!!」や「殺す!!」と書いてあった。

あまりにも怖くて、警察に相談したら、当時の警察では「何もされてないのでどうすることもできません」と言われた。
でも、これって立派な脅迫ではないかと思う。

それからしばらく怖くて仕事にも行けず引きこもりになった。
仕事もできず、悩んだあげく結局は引越しすることにした。
もちろん、占い師もやめてしまった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。