BLOG

先月、思いもよらないことが起きた。
いや起きたというよりもわかっていたのに悪く思わないようにしていたといったほうがしっくりくる。

私はひどいことをされても、どこかで相手の立場で物事を考え「きっと訳があるんだよ」と自分に言い聞かせ最後には自分の言い方が悪かったのではないかとさえ思ってしまう。

その結果、怒ることがなかなか表現できず、怒っているのに「紗依さん怒ってたんですか?」と言われてしまうありさまだ!
いつしか、それが当たり前になり、もめるよりは何事も平穏無事を願うようになってしまった。
しかし、その状態が何度も続くと自分でもわからない何かが体にストレスとしてたまり病気になっていたことに気づく。
そこで、私は「怒ることは悪いことじゃない」と自分に言い聞かせ、なるべく嫌なことは吐き出すように心掛けた。
それでも、性格はそんなに簡単には直すことができない。
いつしかまた元の自分に戻り、知らないうちに相手に自分を置き換え苦しむ。

そんな時に信じていた人に裏切られたのだ。
どこかで違和感を感じながら、信じられるように自分でその人をかばっていたのだが……。

—— 信じていた、のにな……。
そう落ち込んだ時、急に心の中で言われた!
〈ちょっと、待てよ~。信じてたんじゃなくて、信じたかったんだろ!〉
キムタク風に現れた「小さな審査員」が私に言う。
—— だって、きっと私にはわからない何かがあったんだよ……。
〈だとしても、そいつはお前と同じ気持ちじゃないし、何よりもお前がかばっても、信じてもわかっちゃいないんだぜ!〉
私はすごくショックを受け、落ち込んだ。
まさしくキムタク審査員の言うとおりだった。
勝手に私が相手に置き換え苦しんでいたのだ。

相手に悪気があるかないかはわからないが、間違いなく私が考えていることと同じように相手も思っているとは限らない。どんなにかばっても相手の性格は本人が気づかない限り変わらない。
だれにとっても自分の常識が世間の常識なのだから変わるはずもない。

それなのに私は何を信じ何をかばっていたのだろう。
人は人に裏切られた時、人間不信になる。
でもそれは、自分と同じ考えではないから起こることだろう。
もともと同じではないことに気づけばそんな期待もすることもなく傷つくこともない。
そうわかり少し心が晴れてきた。私は何を期待していたのだろうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。