BLOG

私がまだ20代のころのお話。
当時の夫と車で出かけた帰り道のこと。その日は小雨が降っていて、ちょっとブルーになる天気だった。

高架橋に差し掛かるとき、
「あっ! うわあああ~!」
私の叫び声に夫は急ブレーキをかけた。

目の前に三輪車の子どもが飛び出してきたのだ!

「あっ! あれ? いない……」
辺りを見回しても子どもの姿はなかった。

大声を出した私がまちがえたと思われ、夫にしこたま怒られてしまう。
納得できない私は再発進する間際に道路脇に目をやると……、そこには花束があった!

――あああ~、その横で三輪車の子がこちらを見て笑ってる~。たぶん、事故で亡くなったのね……。

でも、急に出てくるのはやめてほしいと思う私であった……。
こうして私はいつも怒られる……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。