BLOG

巫病(ふびょう)って知ってますか?
巫女さんの病気と書くくらいだから、普通の病気ではないのは何となくわかりますよね。

ある人に、聞いたら、
「あっ、知ってます! あの養命酒を飲むと良くなる病気ですよね」
と、言われましたが、それは「未病」で「巫病」とはちょっと違うんです!

ではでは、「巫病」とは何かというと……。
「価値観が変わるときに起こる現象」すなわち、症状のことです。
これはスピリチュアルな症状で、霊感が使われるときによく起きるようです。

私がこの症状「巫病」が起きたのはかれこれ、15年くらい前のことでした。
風邪に似ていて、微熱、頭痛、めまい、ときには吐き気も起きました。しかしながら、咳も鼻水ものどの痛みもありません。
内科を受診するものの原因不明と判断され、解熱剤と吐き気止めが出されただけ。
仕方なく、脳神経外科とめまいクリニックにもかかりましたが、同じく原因不明。
鎮痛剤を出されるがまったく効かず。特にめまいは寝ていてもグルグルと回っていました。

この訳のわからない症状はしばらく続き、いつのまにか治ったのですが、めまいは3年くらい続いていました。
あまりにも頻繁にこの症状が続くため、調べてみるとそれが「巫病」ということがわかったのです。
特に、霊感を使い過ぎると起きるようです。

霊感がない方も実は起きていることもあります。
見えるだけが霊感ではなく、人それぞれちがう霊感(インスピレーション)を使っているので起きるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。