BLOG

相談があると言われて呼び出され、私は急いで待ち合わせ場所の店へと向かう。
相談者はまだ来ておらず、私は先に飲み物を注文して待っていた。
しばらくすると、相談者が現れた。
「すみません、遅れました」
そう言いながら、入ってきて席に着く。
すぐに店員がオーダーを取りに来た。
「あ、私はいいです!」
「え? 何かオーダーしていただけますか?」
「私はこれがあるのでいいです!」そう言いながらマイ水筒を出す。
店員はそれを見て困りながら言った。「あの、持ち込みはご遠慮ください」
「すぐ帰るから、いいでしょ」
「でも、申し訳ありませんが持ち込みは……」
「わかりました。じゃ、飲まなきゃいいんでしょ!」
らちが明かない。話し合いにあきれて私は言ってしまった。
「じゃ、コーヒーください」
「え、コーヒー飲めないので紅茶にしてください」
相談者は私がコーヒーを頼んだので慌てて紅茶と頼み直した。
とりあえずはオーダー取ったので店員は席を離れていった。

相談が終わり、相談者は帰ろうとした。
「ありがとうございました」
「あの、紅茶代!」私は慌てて呼び止めた。
「え? あれは紗依さんが頼んだのだから私は払いませんよ」と店を出ていった。
—— えー! 無料で相談だけされて、なんで私が払わなきゃならないの?
あまりの常識のなさに私は困惑した。
—— これって、言ってあげるべきだったのだろうか?
こんな時でも気を使ってる私にあきれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。