BLOG

まだ高校生のころ、部活で毎日疲れ切り、確か終電だったかと思うけれど、ついつい地下鉄の車内で眠りこんでしまった。

半分、意識があるような、ないような……。
周りは静かでだれもいない。
なぜか目が開いていないのに、周りが見える……!

――起きれない!

金縛りかと思いながら、どうすることもできなかった。
だれかが横に来て、ず~っと私を見ていた。
――こ、こわい……。でも、起きれない……。
しばらくすると明かりが消えた!
――こ、こわい! 声が出ない……。

突然、肩を触られた!

「うぎゃ~っ!」
びっくりして目を開けると、目の前に駅員!
「起きてください!」
――えっ? な、なに?
電車の中は薄暗く……。
――な、なにが起きたの?
駅員の話では、地下鉄車両の倉庫まで来てしまったようです。

――そ、そうなんだぁ~。とりあえずは金縛りから解放され助かった……。しかし、あの幽霊こわかった。じっと見つめられて……。なにか伝えたかったのだろうか?

「倉庫から出ますのでついてきてください」
駅員に案内された。
「なんで気づかなかったのかなぁ」
駅員はひとりでブツブツ言いながら歩いている。
――えっ? それは私が聞きたいわっ!

駅員が振り返り言った。
「まさか幽霊じゃないよね?」
「えっ? まさか~!(笑)」
そう答えたが、実はちょっと不安になった。
――自分が死んでいて、駅員さんも幽霊かも?
なんて(笑)

よく考えると、あの幽霊は私を起こしに来たのだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。