BLOG

最近、少し腹立たしいことがあった。

「紗依さん、ちょっと相談いいですか?」
そう言われ、内容を聞かないうちにダメとは言えず、何の相談なのかを一応聞いてみた。
すると、鑑定とも言えるほどの重大な相談だった。
「そんな重大なことは簡単に返答できないです」
「未来がわかるなら、ちょっとアドバイスくれてもいいじゃないですか!」
と逆ギレされた。

正直、未来が見えるからこそ安易に言えないことがある。
その未来が言えないというのは、その人の人生に関わることなので簡単には言えるものではない。
私の見える能力は形がないものなので価値が付けづらい。
だからか簡単に聞いてくる人がいるのだろう。

例えば、あなたが店員で物を売っているとしよう。
「私、困っているのでこの商品をタダでください」
と、言われたことと同じくらいのことを、私は言われているのだ。
きっと形のないものだからわからないのだろうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。