BLOG

先日のカウンセリングでのお話。

この日のカウンセリングはわたしの都合で日にちが変わり、急きょ延長させてもらったのだが、当初の予定の日の彼女は父親とあるイベントに参加することになり、結局助かったようだった。

そのイベントに参加した話を聞いていた時、急に女の子二人男の子一人が見えた。
幼い3人はお互いは見えていないようで、それぞれわたしにアピールをする。

—— なになに??

彼女の話を聞きながら、わたしはその子たちの映像を見ながら対応していた。

—— この3人は彼女とかかわりがあるようだけど……。どういことだろう?

カウンセリングを長く受けている彼女なら変な話をしても大丈夫だと思い、見えたものを伝えてみた。

すると、男の子は彼女の亡くなった弟ということが分かった。

あとの二人の女の子は不思議なことに彼女の父方、母方のそれぞれ幼い頃に亡くなった親戚だと分かった。

さらに不思議なことに……。

その亡くなった人の一人は彼女に生まれ変わったことが分かった。
つまり、近すぎる彼女の前世だということだ。

もう一人の女の子は彼女に霊感があるため、自分の存在を知ってもらいたかったのだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。