BLOG

私はすごい方向音痴で、地下鉄から地上に出て、目的地に向かおうとするとき、決まって反対方向に進むことが多い。
そこで、最近は思った方向とわざと反対の方向へ行くようにするのだが、どっちが反対なのかも迷ってしまうこともしばしばある(笑)

数年前、東京に出張へ行った時のこと。
聡和が仕事でお客様と会っていたので、私は1人で東京見物に出かけた。
特に目的もなく、ただなんとなくブラブラと近くに出掛けたのだが、なんと迷子になってしまう。

聡和はもう仕事も終えた頃なのだが、私は目的地に戻れなくなっていた。
しかたなく、聡和に電話をした。
「あのね、迷子になってるんだけど、ここどこだろ?」
「どこだろって言われてもわからないよ。住所とか書いてないの?」
私は近くで住所の表記を探して伝えた。
現在地を探してくれて、ナビってくれたのだが、これまたすごい方向音痴なのでなかなかたどり着けない。
あきらめて、いったん電話を切り、集中した!

なんとなく導かれる方向へ進んでいくと、目的地にたどり着いた!

―― 最初からチャネリングすればよかった(笑)

この方法はかなり疲れてしまうのでできるだけやりたくない。
それでも、本当に迷ったときには頼りになる私の「神ナビ」だ(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。