BLOG

2010年1月ころ、朝方にベッドで寝ている私を照らす眩しい(まぶしい)光が窓から差し込んできた。
―― まぶしい! あれ? なんだろ?
光の中で女性のシルエットが見えた。逆光なので顔は見えない。
—— だれだろう? あ、あれ? なんで?
起き上がろうとしたのだが起き上がれない。それを見ていたその光の中の女性が白い手を伸ばし起こしてくれた。
—— ふぅ~。
急に体が軽くなった。手を差し伸べた女性は私の腕をつかみ窓のほうへと連れていく。
—— ん? なに? どこいくの?
女性は窓の外へ私を誘導したので、私は慌ててその女性の手を振り払う!
―― やめて! ここは11階だよ。飛び降りたら死んじゃう!
そう叫ぶと、女性は急に消えた。
―― な、なんなの!
私はしばらく放心状態だった。その時にできたあざがこれだ。

そのあと私は気分が悪くなり寝こんだ。
めまい、嘔吐、頭痛に苦しめられ寝こんでいると、姉からメールが届く。
「今日は日蝕だけど、なにか変わったことあった?」
突然のメールに意味がわからず、姉に直接電話をかける。
「あのメールなに?」
「あれね、なんか日蝕って天照(あまてらす)に関係あるんでしょ? だからなにかあったかな、と思って……」
「えっ、そうなの?」
神話の話をまったく知らなかった私は慌てて、マンガ『五月女ケイ子のレッツ!!古事記』を読み、日蝕の意味を知る。
―― そうか……。でも、なんでこんなことになるの? もしかすると、あの世に連れて行かれそうになったのかな?
結局、意味はわからなかったが、すごく怖い体験をした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。