BLOG

知人が幹事を務める飲み会に誘われて参加した。

それは初対面の人ばかりの飲み会だ。
私にとってはスピリチュアルな世界から離れ、普通の人として参加できるめずらしい機会だった。
一人ずつ軽い自己紹介を済ませ食事が配られるとともに飲み会が始まった。
とはいえ、私はお酒が飲めないのでソフトドリンクで料理をつまむ。
普通の人がどんな話をするのか興味津々で参加したのだが、意外にも食べるだけで話が盛り上がらない。幹事が場を盛り上げようとするものの至ってしらけムードだった。
普段は企画側である私は、居ても立っても居られない気分だったが今回は参加者側なので気持ちを抑えて相づちだけを打つ。

あまりにしらけ過ぎたのか幹事が急に話し出す。
「私のブログ、すっごく読者増えて、ページビュー30もつくようになったんだよ~」
みんなは「すごーい!」と、幹事を絶賛。
「ブログやってたんですね」
と私が聞くと、一斉にみんなが私を見た。
―― やべっ、聞いたらダメだったかな?
幹事は私が質問したことに得意げに自慢話を始める。
みなさんはそれをあまり聞きたくなかったのか、何とも言えない空気が流れた。
「紗依さんもブログやってみたら? まぁ、だれも見ないと思うけどね」
幹事は得意げに私に言った。

―― なんでこんなこと言われなきゃならないんだろ? 意味わからない!
てか、ブログやってて、読者かなりいることは絶対言えないじゃん!
私はそれ以上何も答えず、幹事の自慢話を空気が悪いまま聞いていた。
こうして幹事自慢飲み会は終了したのだった。

普通の飲み会ってこういうものなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。