BLOG
届かぬ初めてのバレンタインデー

初めてチョコレートを渡したのは小学生の頃。

初めてのチョコレートなのに、いきなり初めての手作りだった。

といっても、市販のチョコレートを溶かして固めただけ。

溶かしたチョコレートをハートの形にして、銀紙に包んで、学校に持っていった。

当時、好きだったH君に渡すつもりが、H君から「お前、誰にチョコ渡すのよ?」と言われ、本命からの突然の質問に戸惑ってしまい、思わずちがう男子の名前を言ってしまった。

すると……、H君は「わかった! 僕が段取りつけてやる!」と言い出して、ちがう男子を呼んできてしまった!

仕方なく、本命の前で、無関係な男子に渡すことに……(泣)

その後、そのチョコレートを渡した男子と噂になってしまい、困ってしまったという苦い思い出(笑)

届かぬイケメン男子への思い

高校生の頃、ちがう高校に通っていたイケメンの男子にひとめぼれをして、毎朝、地下鉄で見かけていたので、チョコレートを渡そうとしたら、たくさんの女子が群がっていて、渡しそびれた。

あきらめて学校に行ったら、女友だちがその男子のことを知っていて、同じ中学校だったとかで、家も知っていた。

話の流れから、女友だちが「いっしょにつき合ってあげるから、家までいっしょに渡しに行こう!」と言ってくれた。

その女友だちと実際に行ってみてチャイムを鳴らしたら、母親が出てきた。

「〇〇君にこれを渡してください」とお願いしたら、

「またですか? チョコならいらないです」と突き返された!(泣)

仕方なく、いっしょに来てくれた女友だちに食べてもらった(笑)

バレンタインデーに縁のない男

大人になってからつき合った男性がいた。

その彼の誕生日は2月上旬だった。

記念日という記念日をすべてスルーするひどい彼氏だったので、絶対に誕生日プレゼントをあげたくなく、2月の誕生日前に別れた。

もちろんバレンタインデーも渡さずに済んだ。

その彼とは数年後再会し、またつき合ったのだが、彼は変わらず記念日をスルーする男だったので、また誕生日前に別れてやった。

彼には絶対にチョコレートを渡したくない!(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。