BLOG

2015年5月10日は母の日、弟が母の三回忌に見た夢を思い出した。

夢の内容

母がまだ生きていて、グループホームのイベントへ自転車で弟と向かう。

なぜか二人で自転車なのだが実際に行っていたグループホームとは反対の方向へ走った。
小さなアパートのようなところに着くと、すでにみなさんはイベントへ行った後らしく管理人だけがいた。
「みなさんが行った区民センターへ行ってください」と言われて、弟と母は向かう。
途中、テニスコート近くの大きな家に差し掛かると何匹もの犬が母めがけて襲ってきた!
母は自転車を捨てて逃げる。

弟は母の自転車と自分の自転車を押し逃げるが、あまりにもしつこい犬に耐え切れず、結局、自転車を捨てる。
しかし弟は自転車が気になり取りに戻ろうとした。すると、マルチーズを抱いた伯父が立っていた。
何も言わず立っている伯父さん……。その光景を見て弟は「これは夢だ」と気づき、目が覚めた。

(後から聞いた話では、この伯父は母の兄、実際にマルチーズを飼っていて、認知症で施設に入っている人ではないかと思ったらしい。もしかするともう死が迫ってるのかもしれない)

この内容で私はビビっていた。この1か月前、私は引っ越しにあたり母からもらった自転車が邪魔になった。
実際にはもらったというよりも、誰も使わないので勝手に使っていたという感じだ。
パンクしてしまい処分したかったのだが、お金がかかる。
それと同時に、亡き母が捨てるのはあまり喜ばしくないといい、どうしようか悩んでいたのだ。
それを案じるかのように母は弟の夢に出てきたのだ!

——それにしても、弟の夢で知らせなくとも、私に直接言えばいいに……。まるで、死んだ人みたいじゃん!
って、死んでるのか(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。