BLOG

暑くなってきたので、怖いお話です。
怖いものが嫌いなかたはスルーしてくださいね。

かなり前、旦那とドライブへ行ったときのことだった。
山道を下り、峠を走っていると、日も暮れてどんどん暗くなってきた。
辺りはすっかり暗くなり、ほとんど行き交う車もなくなった。

真っ暗闇の中から急に光が照らされる。
後ろからの車のライトのようだ。しかし、異変を感じる。
よく見るとライトが片方しか点いてない!

—— 変な車だあ~。
気になり、バックミラーを見ていると、いきなりその車は抜いてきた!
すごい勢いで抜いていく車を見るとタクシーだった。
—— こんなところでタクシーってめずらしい。

タクシーはすごい勢いで抜いたのに、急に今度はのろのろ運転になった。
「なんだよ、こいつ!」
キレた旦那は我慢しきれず抜き返した!

するとまたタクシーがすごい勢いで抜いてきた!
そして、また、前に出るとのろのろ運転。

「頭にきた!」
熱くなった旦那は、むきになって抜き返した!

すごいデッドヒートが行われ、抜いたり抜かれたりが繰り返される。

—— あっ、なんか、やばい!

「やめて、車止めて!」
思わず叫ぶと、車は急ブレーキで止まった。

「何だよ、驚くだろ!」
「なんか、嫌な予感がする!」
「なんだよ、いったい……。えっ?」

気づくと、目の前は崖だった!
危機一髪で落ちることなく止まったが、震えが止まらない。
しばらくその場で放心状態になっていた。

—— そういえば、片目のタクシーはどこへ行ったのかな?
抜いていった感じもなかったけれど、どこ行ったんだろう?

不思議に思って、車を降りてみると目の前の崖の隅に花束があった。

あのまま、走り続ければ間違いなくこの崖から落ちていた。
あのタクシーは……、なんだったのだろう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。