BLOG

「男と女の友情って成立すると思いますか?」
よくそう聞かれる。
結構、「ないない!」っていう人も多いが、私はあると思う。

昔の話だが、年下の男の子と仲よくしていたことがあった。
当時の私は独り暮らしをしていたのだが、その男子とふたりきりで家で話しこみ、終電に乗り遅れたこともあって泊ったことがしばしば……。
「いい雰囲気!」にはまったくならず……。
きわめて健全な関係だったのだ。

お互い話も弾み、楽しく過ごしていたのに、
―― もしや、私、女としての魅力がないのか?
と思ったので、ストレートに聞いてみた。
「あんたさ、私のこと女だと思ってないでしょ!」
すると、
「そんなことないよ。でも女として意識した時点でこの関係は終わると思うので、そうならないようにしてる」
なるほど、なるほど……。

私たちの間では暗黙のルールがあり、
「家では酒は飲まない、飲まれない。男と女を意識しない」
その価値観が同じだったからこそ、いい関係でいられたように思う。

とても話が合うので、冗談で、
「こんな人と結婚できたら楽しいのにね」
なんて言い合うこともあったのだけれど、あくまでも冗談としてお互いとっていたから、私は彼氏の相談をし、彼は彼女の相談をしていた。

お互い、彼氏彼女がいても、それとは別の感情で仲良くなっていたのだ。
お互い男と女を意識しなければ、男と女の友情は成立すると私は思う。

でも、もしかすると、こんな関係は珍しいのかもしれないけれどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。