BLOG

なんとなく実家へ行かなくてはならないという気がして、突然、訪れた。
すると、弟が仕事休みで家にいた。
「久しぶり~、元気だった?」と、声をかける。
「おお」相変わらずあいそがない声が返ってきた。
いつものことなので気にも止めず、仏壇にお参りをする。
お花、持ってきたおはぎ、そして、なぜか赤飯をお供えした。
—— お赤飯をお供えするって変だよね。母が生前、好きだったから。
お参りを済ませると、弟に話しかけた。
「来月、母の七回忌だけど、何日にやるの?」
「……」
返答がないので、しつこく聞く。
「いつやりますか?」
「い、いつがいい?」
「私の誕生日以外ならいつでも!」
そう答えたが、話が進まないので私は、弟に日にちを任せて帰ることにした。
「じゃ、またくるね」
「これやるわ!」
「あ、ありがとう」
私は思いがけないプレゼントをもらい、うれしかった。

帰る途中、考えた。
—— なんでくれたのだろう? 私の誕生日プレゼントにくれたのかな?
今まで、ほとんど弟からはもらったことがない。タオルだけに顔洗って出直せってこと?(笑)
まさかね、あはは~。

突然のプレゼントに妄想しながら帰る私だった(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。