BLOG

花火の歌が流行っているので、思い出した20代のころのお話。

夏が終わり、少し肌寒くなってきた時期(北海道では9月ころ)に、片づけをしていたら、ふと花火に目が留まる。夏にしようと思っていて忘れていた花火セットだ。
――来年はできるかな~? しけっちゃうかな~?
なんて思いながら見ていると……、
「あっ! 花火だ!!」
幼稚園生の息子が近づいてきた!
――あちゃ~、めっかっちゃったぁ~。
慌てて隠したものの、もう遅い……。
「やろ~! やろ~!」
と催促される……。

仕方なく、やることにした。
問題はどこでやるかだ。もう寒いこの時期は外でやるには恥ずかしいし……。
息子が、
「ここで!」
と指さしたのが、マンションのベランダだった!
――えっ? まぁ~、たくさんあるわけじゃないし~。小さい花火だからいいかぁ~。
ということで、始めた。

火を着けて……、
「わぁ~、キレイ!」
ってふたりで喜んでいたら~、

ジリジリジリジリジリジリ……!

――ん? なに? なに? すごい音! なにぃ~? あっ! 火災報知器が鳴ってる!
慌てて、火を消して家に入ったものの、窓を開けたままでやっていたから、部屋中煙だらけ~。
――や、やべぇ~、これはたいへん!
慌てて、煙を出しても、もう遅い!
管理人が、
「大丈夫ですか!」
と大声で訪問してきた!
状況説明して、とりあえず管理事務所に連絡!
危機一髪で、消防車が来るのをとめたけど……。
――いやぁ~、赤っ恥! 恥ずかしい~。
こっぴどく怒られて……。

ベランダで花火は危ないのでやめましょうねっ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。