BLOG

本免のつづき。

こうして、1か月ほどで無事に運転免許を取ったものの、私は運転をしていない。

なぜかというと、運転中にいろいろなものが見えちゃうからなのだ!
道路に急に飛び出す霊体。
目の前を急に通り過ぎる人影におびえながら、一瞬にして霊体か生きている人間かを判断するのはしんどい。
霊体だと思ってひいてしまえば、実は生きている人間だった場合、それこそ大変なことになる。
仮免はもちろんのこと、教習所の中でさえ人が来るはずもないところから飛び出す霊体はいる。
夜はもちろん、昼間でも見えてしまうので心身共にくたびれた。
おかげさまで、免許を取るまでに私は7キロも痩せてしまった。

でも、悪いことばかりではなかった。
仮免途中で、運転をしていると何かが私にささやいた。
「危ないよ……」
一瞬、隣にいた教官かと思って見たのだが、なんと教官は居眠りしていた。
私はなぜかこの言葉が気になり、注意をしながら走っていると交差点で、車がぶつかってきた!
衝撃で教官が慌てて目を覚ました。
「何? 何が起きた?」
「ぶつかりました」
ぶつかってきた車から女性が降りてきた。
「すみません」
教官は寝ていたので、まったく見ていなかったのだが、私は100%悪くない。
信号無視で突っ込んできた車が100%悪かった。
幸い、バンパーが少しこすれた程度で済んだのだが、気を付けていなければかなり大変なことになっただろう。
その後は教官が対応したのでどうなったかはわからないが、私は何かにささやかれたおかげで事故を免れた。

こんなことが、運転中に何度も起きるとなると、さすがにつらい。
助手席で危ない時だけ告げるというスタンスが私には向いているようだ(笑)

そういうことで、運転免許を取っても今まで3回しか運転はしていない。
かなり長いペーパードライバーだ。もはやトイレットペーパーだろう(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。