BLOG

5年ほど前、急にめまいがして病院で受診したときのことだ。
インフルエンザが流行っていたので、マスクをして完全防備で人がなるべくいない時間帯に訪れた。
個人病院なのでラッキーなことに私ひとりだけだった。

看護師に呼ばれ診察室へ。
「どうされました? 風邪ですか?」
「あ、マスクは予防のためで、めまいがするので来ました」
「そうですか。では、血圧とお腹のエコーで見てみましょう」
診察を終え、医師が言った。
「極度の貧血ですね」
「貧血ですか……」
なんとなく、めまいの原因がわかりホッとする。ところが、帰り際に医師が変なことを言った。
「ところで、金縛りはよくなりましたか?」
「え? 金縛りですか?」
「はい、金縛りです」
—— この先生、私のこと知ってるの? 私はなにも言ってないのになんで霊感があることわかるんだろ?
「金縛りは……、最近はしないですね」
―― あ、最近って言っちゃった!
「そうですか。夜眠れていない感じがするので、金縛りにならないお薬出しますね」
「え? そんなのあるんですか?」
「いや、リラックスして眠れるお薬です」
びっくりした~。今までいろんな病院へ行ったけれど、こんなこと言われたのは初めてだった。

もしかすると、あの先生も霊感があったりして(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。