BLOG

鑑定からワークへと変更になり、まずはドリンクを飲みながら進めた。

普通にジンジャーレモネードのホットを頼んだつもりが、なんとホットタピオカジンジャーレモネードが出された!
勘違いしたこちらが悪いと思い、これを飲むことにしたのだが、これ、漢方薬のような味がした!
まずいと思いながらも、飲んでいるうちになんだか前世で魔女をやっていた頃に飲んだような気がしてきた(笑)

少し落ち着いてから、やっとワークが始まる。なぜか、前世の話になった。
気を取り直して、普通の紅茶を注文してワークを再開する。

なんだ? なんか変な感じがしてきた。聡和と私と、お客さんの前世が見えてきた!
私たち、親子だった!!!
依頼者は私たちの娘だった。アメリカに住む家族で私はその子の父親。
で、聡和は……母親(笑)
私は奥さんの聡和によくパイを焼いてもらって食べていた。
仕事は銀行マンですごく忙しく、ほとんど家にはいない。
娘にはかなり厳しい父親だった気がする。
娘と母親はケンカして娘が家を出ていったようだ。理由はわからない。
こんな感じで前世が思い出され、私たちはすっかり家族になっていた(笑)

夕方になり、お腹も空いたので何か食べようとメニューを見ると、なんとパイがある。

すかさずパイとハーブティを注文。なぜか3人とも同じものを注文した(笑)

「あの頃を思い出すわね、お父さん!」と女言葉で聡和が私に話しかける。
思わず、吹き出しそうになるが、まんざらでもない(笑)
店内の内装もアメリカン、BGMで流れている曲もまさにアメリカンだった。
懐かしさに三人でパイを食べる。不思議な時間が流れた。

聡和が女って、意外と似あっているかもしれない(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。