BLOG

昔の話だが、見覚えがない番号から携帯に電話がかかってきた。

—— だれ?

「はい、もしもし!」
ワントーン高い営業ボイスで出てみた。

「関根さん、おれ!」

—— はぁ? 関根さんじゃないし!
「違いますけど」
「あっ、そですかっ」と言いながら、電話を切ろうとしない。

—— ん? なんだ、こいつ! あれ? 確か数日前も何回か来てた気がする。
確か、そのときも「関根さん?」って聞かれて「違います」って答えたのに切らなくて……。
いったい、どういうこと?

つながったままの携帯でお互い無言のまま数分。こちらも負けずと切らなかった。

しかし、いつまでたっても切らないので根負けしてわたしから切った!

いったい何だろ? もしかして、わたしが知らない間に関根さんになってしまったのか?
今度来たら~「関根です」って言ってやろう。
どんな話をしてくるんだろね(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。