BLOG

最近忙しいからか、なかなか寝つけず、寝不足続きだったので、睡眠導入剤を使った。
それでも寝付けず、やっと朝方に眠りにつく。
その時に見た夢の内容がまったく意味不明でおもしろかった。
その内容とは……、

どこかの少し広めのマンションに私はいた。自宅なのかはわからないのだが、小ざっぱりとして何もなかった。
「ちょっと、これじゃ布団足りないから、あと4組注文してすぐ届けてもらって」
私はだれに言っているのかわからないのだが、そう伝えるとマネージャーらしき人が、
「わかりましたすぐに用意します」と答えて手配を始める。
その様子を見ながら、再び私は家の中の足りないものを探していると、チャイムが鳴る。
「おまたせ~、おじゃまします!」と4名の人が入ってきた。
有名人ばかり俳優2名、女優2名。顔は見たことがあるものの名前が出てこない。1人だけわかったのは沢村一樹さんだった。
彼がなぜかこの会の主催者のように仕切り、プチパーティが始まる。
私とマネージャを含めた6名が盛り上がりパーティを楽しんだ。
夜も更け、帰ることなく当たり前のように4人は泊っていった。
だから、布団を用意させていたんだと思った。
朝になり、4人が起きてきたのだが、沢村一樹さんが「眠れなかった」としつこく私に言う。
なぜか私は眠れない理由を知っていた。しかし、それは彼には伝えることはせず帰ってもらう。

後片付けをしていると再びチャイムが鳴る。
今度は7~8名の女性芸人だった。
大騒ぎしながら家の中へ入り、勝手にパーティ準備を始める。
あれよあれよという間に、みんな酔っ払いでき上がってしまう。こうなれば当然泊りとなる。
私は4枚しかない布団を指差し「適当に寝て!」と指示した。
あちらこちらで勝手に寝つく女性芸人。
私はかまっていられないので、自分の部屋で寝た。
朝になり、ガンバレルーヤのよしこさんが私に言ってきた。
「なんなんですか、あそこ変ですよ! こわいです」
私は前日にも沢村一樹さんに言われていた場所だったので、何も答えることなくスルーした。帰り際、みんなで写真を撮ろうとこれまた大騒ぎとなり、それぞれSNSにアップしている。
—— しまった、昨日の俳優チームと写真撮ってなかった!
と、心の中で後悔。
女芸人たちは騒ぎ疲れたのか最後はおとなしく帰っていった。

それにしても、2日にわたり何の騒ぎだったのだろうという疑問が残ったのだが、それよりもあの眠れない場所がまだ閉じられていないことが気になった。
私は眠れない場所へと行き布団をめくる。
畳があるはずの布団の下は真っ黒な穴が開いていた。
そこは、あの世とこの世をつなぐ穴だったのだ。
霊体の通り道となっていたそのマンション浄化のために私はそこに住んでいたのだ。

ここで目が覚めたのだが、登場人物に笑えた。
しかし、本当にこういうことはあるのでまんざら夢で終わらせるには気になる夢だった。
まさか、正夢になっちゃったりして!(笑)
でもその時は、俳優チームの時には忘れすに写真撮ろう(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。